CT検査について

歯科治療とCTについて

歯科治療とCTについて

CTとは“Computed Tomography”の略で、コンピュータによるデータ処理と画像の再構成により、立体的な断層写真を撮影する装置です。CTの中でも歯科に特化した歯科用CTは、ミクロレベルでの情報が取得できます。特殊なスキャン方法によりX線照射が短時間で済み、ゆがみの少ない正確な断層写真を撮ることができるのです。

おもにインプラント治療や親知らずの抜歯の治療前検査などに用いられ、3Dによる詳細な画像は、ほかの撮影法では判別できない症状の原因究明に役立ちます。

CT導入によるメリット

これまで、CT撮影を行うためには、CTが導入されている大学病院などへ出向かなければなりませんでした。しかし最近では、当院のような一般の歯医者レベルでも広く歯科用CTが導入され、歯医者でCT撮影ができるようになってきています。歯医者内でCTによる精密な診査・診断、適切な治療が可能になり、撮影にかかるコストも抑えられるようになったのです。

CT導入によるメリット

CT導入によるメリット

CT導入によるメリット