埼玉県北本市本町3-84
tel:048-592-0540
WEB予約はこちら
問診票ダウンロード

北本市本町の歯医者、関根歯科医院 |ブログ

当院はお子様に向けてオリジナルイベントを開催しております。

お仕事体験プチキッズDr.を開催しました😆

 

こんにちは

関根歯科医院スマイルランドです😆

 

当院人気のイベント【お仕事体験プチキッズDr.】を先日開催いたしましたので、

その様子をお届けいたします。

 

今回もたくさんの方が参加してくださいました✨

ありがとうございます😆

 

今回の様子を一部お届けしちゃいます🙌

 

こちらは歯のお掃除中!とても上手にできていました⭐️

先生のお話を聞いて、機械の持ち方をマスター👨‍⚕️

 

自分の順番ではない時は歯科助手さんになりきり、ライトの移動も✨

小さな手でしっかりフロスも通せていました👏

 

少し大きめな白衣を着て真剣に取り組んでいる姿は本当に可愛いです💕

 

普段の検診時には少し怖くてできない、風が出る機械や、唾を吸う機械も

実際に触れることで、少しでも恐怖心が和らいでくれたらいいなと思いながら

見つめている私がいます笑☺️

 

 

 

今後も開催していきますので、興味がある方

ご参加をお待ちしております☺️💕

 

次はクリスマス会!🎄

みんなに楽しんでもらえるように、クリスマス会の準備も頑張ります💪🎅

 

 

赤ちゃんの頃から気をつけたい!むし歯菌の感染🦷

 

こんにちは☀️

せきね歯科医院スマイルランドです😆

 

本日はむし歯菌の感染についてお話します。

 

むし歯菌のひとつである「ミュータンス菌」は、生まれたばかりの赤ちゃんには存在せず、だ液を介してご家族からうつることがあります。

 

お子様のお口の細菌は3歳ごろまでに確立すると言われており、

この時期に多くのミュータンス菌が定着してしまうとむし歯になる確率が高くなってしまいます

 

感染を防ぐために、大人が使ったスプーンなどでお子様に食事を与えないように気をつけている方も多いのではないでしょうか?🥄

 

日頃から、このように使う食器類を分ける等の心がけは大切です。

見落としがちですが、うがい用のコップなども分けられるとさらに良いです👍

 

こうした心がけは感染を防ぐのにとても重要ですが、

最も大切なのが、ご家族も口腔内を清潔に保つことです。

 

可愛いお子様とのスキンシップの時や、日常会話の際など

気をつけていても、だ液を介す可能性があります💦

 

そのため、ご家族も自宅でのケアであったり、

プロである歯科衛生士の力を借りて口腔内を清潔に保つことは、

家族や自分自身の健康を守ることにつながります✨

 

家族全員で口腔内を清潔に保ち、むし歯にならない健康なお口作りをしていきましょう💪

 

お子様の検診は0歳から通うことをおすすめしています

歯が生えたらぜひ一度スマイルランドへ来てください☺️

 

 

目指せ磨き残し0!セルフチェック方法💪

 

こんにちは🌈

北本市のせきね歯科医院スマイルランドです😆

 

今日は歯磨きのお話をしたいと思います。

 

むし歯や、歯肉炎などを予防するためにも

毎日歯磨きをすることはとても大切です🦷✨

 

みなさんは歯磨きを毎日きちんとできていますか?

YouTubeやテレビを見ながら、なんとなくだらだら磨いていませんか?

 

磨き残しのチェックは、歯医者さんだけではなく

自宅でも簡単にチェックすることができます

 

磨き残しのチェック方法でおすすめなのが染め出し剤を使うことです

 

このように一見きれいなお口でも

 

実はこんなにも歯垢が…😭💦

※赤く染まっている場所は全て歯垢です

 

しっかり磨いていても、上の写真のような状態になっているかもしれません。

 

今回紹介している染め出し剤は【歯磨き上手】という商品です⭐️

こちらの染め出し剤はご家庭で簡単に使うことができます🙌

 

 

🌈染め出し剤の使い方🌈

①専用カップで染め出し剤を適量お口に含んでぶくぶくうがいをします

②「歯磨き前」or「歯磨き後」に染め出して確認

③水ですすぐ

 

使う頻度は毎日1回使っても、1週間に1度でも大丈夫です

ご家族で楽しく使って、磨き残しを減らしましょう😆💕

 

こちらの商品は当院でも販売しております。

気になった方は、2F受付横にある購買エリアご覧ください☺️

 

 

CADCAMシステムが導入されました✨👏

はじめまして

関根歯科医院 技工士の岡野です☺️

 

先日、「CADCAM」という被せ物を作るための新しい機械が導入されましたので紹介いたします🙌

 

そもそもCADCAM冠とは

「CADCAM」とは技工物の作り方のことで、保険診療で作れるこのような白い被せ物です✨

 

 

この被せ物はこのような工程で作成します🦷

①患者さんの口腔内の型取り

②3Dカメラで型を読み取る

③読み取ったデータを元にコンピューター上で歯の形態をデザイン

④専用の加工機で四角いブロックを歯型に削り出し冠を作製

 

 

🌿メリット

歯に似た白色なので、銀歯に比べて見た目がよい。

・金属ではないので、金属アレルギーが起こりにくい。

・料金は保険適用外セラミックに比べ、保険適用なので安価でできる。

 

🌿デメリット

・天然歯やセラミックの歯に比べ、透明感が少なく色調が単調

・セラミックや金属に比べ強度が劣る

・時間の経過とともに、変色・着色する

 

 

「CAD-CAM冠」は、銀歯よりも自然に見えて、金属アレルギーを発症する心配もありません

もちろん銀歯やセラミック素材に比べて、比較的強度が脆く、義歯の支えになる歯には使用できないなどのデメリットもありますが、それを差し引いても多くのメリットがあります。

 

保険診療で銀歯ではなく歯を白くしたい方などは「CAD-CAM冠」をおすすめします!

しかし、食いしばりや歯ぎしりの強い人には向いていないので、特性をしっかり理解して選択する必要があります。

気になる方は是非一度、医師または衛生士までご相談ください🙌

 

 

デンタルフロスについて知ろう🦷❗️

 

こんにちは😃

 

最近のマイブームは朝活、歯科衛生士の高木が書かせていただきます🌅

 

みなさん、歯ブラシ以外に補助的清掃用具はお使いですか?

 

糸ようじや歯間ブラシ、タフトブラシなど様々なグッズがありますが、

今回はデンタルフロス糸ようじ)についてお話しさせていただきます☺️

 

デンタルフロスは歯と歯の間を清掃するものです

 

歯ブラシだけでは全体の約60%しかプラークを除去できないと言われています⚠️

デンタルフロスにはホルダータイプ手巻きタイプがあり、

さらにワックスタイプノンワックスタイプで分かれています。

 

ホルダータイプとワックスタイプは比較的使いやすいですが、プラーク除去率に欠けるため

慣れてきたら手巻きタイプやノンワックスタイプを使用することをお勧めします☝️

 

当院ではSNSでも人気のフロアフロスを販売しています。

 

 

手巻きタイプでワックスタイプですが水分に触れると繊維が広がりプラークをゴッソリ落としてくれます😲

ちなみに私も愛用しています💕

 

お試しサイズも販売していますのでぜひ一度使ってみてください❗️❗️

 

 

歯はいつからはえてくるの?🦷

 

こんにちは

関根歯科医院スマイルランドです😆

 

今年も早いもので、5月になりました🌿

新生活にも慣れ、日常が落ち着いてきた方が多いのではないでしょうか?

 

落ち着いてきた頃にふと気づくことってたくさんありますよね😊

例えば、いつの間にか桜の時期が終わっていたり…🌸

子育て中のご家族様は、「いつの間にか歩けるようになっていた!」

「いつの間にか歯がはえてきた!」なんて些細な変化にも気づくことが多いのではないでしょうか?🌷

 

当院に通院中のご家族様からも、歯のはえてくる時期についてはご質問が多いです。

 

今日はそんな【歯のはえてくる時期】についてお伝えします🦷

 

一番初めにはえてくる子供の歯は、下の前歯2本(乳歯切歯)です。

平均で生後8ヶ月頃にはえてきます🦷👶

 

その後の歯がはえてくる順番は、

10ヶ月頃に上の前歯2本(乳歯切歯)

11ヶ月〜1歳頃さらに上下2本ずつ(乳側切歯)

1歳4ヶ月〜1歳5ヶ月ごろに最初の奥歯4本(第一乳臼歯)

2歳頃前歯と奥歯の間の歯(乳犬歯)

2歳3ヶ月〜5ヶ月頃奥歯(第二乳臼歯)

これで乳歯20本全てはえ揃います😆🌼

 

乳歯のはえる時期と順番は個人差があります。

気になる点があればぜひご相談ください🙌

 

また当院では、小さなお子様がいるご家族様を対象とした、サロンも開催中です🦷

こちらのベビママサロンは2つの種類があり、様々なご質問にもお答えしております。

口育士の資格を持つ衛生士が直接ご相談をお受けいたしますので、

気になった方はぜひ当院までお問い合わせください☺️🎶

 

当院電話番号☎️ 048-592-0520

 

 

 

歯並びが悪い状態って?【歯列不正】について知ろう🔎

 

こんにちは☀️

ディズニー大好き、佐藤です🎠

 

歯科衛生士の前原がマウスピースでの矯正治療を始めました!!

 

そちらの内容は「マウスピース矯正日記」を今後も更新していきますので是非ご覧下さい😌

 

歯科衛生士・前原は上の前歯が出ていることを気にして矯正を始めましたが、

皆さんは『歯列不正(しれつふせい)』と聞いてどんなものを思い浮かべますか?💭

 

歯列不正にはいくつか種類がありますので、ご紹介させて頂ければと思います🦷

 

 

上の前歯や上顎が前に出ている「上顎前突(じょうがくぜんとつ)

 

下の前歯や下顎が前に出ている「反対咬合(はんたいこうごう)

 

上の前歯が下の前歯に深く被さっている「過蓋咬合(かがいこうごう)

 

上下の歯の間に隙間がある「開噛(かいこう)

 

歯と歯の間に隙間がある「空隙歯列(くうげきしれつ)

 

上下の奥歯が横にずれている「交叉咬合(こうさこうごう)

 

歯並びが凸凹してる「叢生(そうせい)

 

皆さんのお口の中に、該当のものはありましたでしょうか?

 

歯並びは歯磨きがしづらいだけでなく歯周病を悪化させる可能性もあれば、

全身の健康に影響がでる場合もあります😫

 

また、矯正の方法は歯科衛生士・前原の行っているマウスピース矯正

従来のワイヤーの矯正の2パターンあります。

 

 

どちらも適応する歯列が違いますので気になる方は担当歯科医師、歯科衛生士にお声がけ下さい☺️

子供が嫌がらない仕上げ磨きのコツパート3🐣🦷

 

こんにちは☺️

せきね歯科医院スマイルランドです🌿

 

 

今回は先日お話しした、仕上げ磨きのコツパート3をお届けいたします⭐️

 

パート3のポイントは、【息苦しくしない】です😁

 

口の中に歯ブラシが入っている間、実は息を止めている子が

多くいます。

一気に磨こうとすれば、呼吸ができず、苦しくなってしまいます💦

 

何秒間」という目標を作り数を数えながら磨きましょう。

(めやす:年齢の数+2秒まで)

 

また1回ごとに歯ブラシを口の中から外に出し、息継ぎをさせてあげましょう☝️

 

仕上げ磨きのコツパート3までのブログをお読みいただきありがとうございました💕

 

また4月になり、新しいスマイルランドタイムズが発行されました☺️

 

今月号はお得な情報が盛り沢山となっております✨

 

当院エントランスに置いてありますので、ぜひ一度手にとってご覧ください!🙌

 

子供が嫌がらない!仕上げ磨きのコツ🦷パート2

 

こんにちは☺️

せきね歯科医院スマイルランドです🌱

 

今回は先日お話しした、仕上げ磨きのコツパート2をお届けいたします🌟

 

 

パート2✌️のポイントは、【痛くしない】です。

 

上唇小帯部(下の図)にあたると痛いため、

磨く人の指で保護した状態で磨いてあげましょう。

また、歯ブラシは軽い力で細かく動かしましょう。

 

 

🌱歯ブラシの毛先が小帯にあたらないようにするポイント🌱

左手の人差し指を横にして上唇小帯の上に乗せます

 

歯ぐき近くを磨く際には左手の人差し指を斜めにして上唇小帯の上に乗せます

 

コツを掴むまで少し難しいかもしれませんが、ポイントを意識して

仕上げ磨きを実践してみてください😆

また、お口の中を触るときは清潔な手で触れましょう✋✨

 

 

毎日頑張るご家族の方の力に少しでもなれたら幸いです🌸

 

子供が嫌がらない!仕上げ磨きのコツ🦷👧

 

こんにちは☀️

 

埼玉県北本市にあります

せきね歯科医院スマイルランドです🦷

 

小さいお子様を持つご家族様のお悩みナンバーワンとも言える

仕上げ磨き嫌々問題…💦

 

毎日嫌々の連続で、苦労しているご家庭も多いのではないでしょうか?😱

 

 

そんなお悩みを一緒に解決すべく今回から3回連続で、仕上げ磨きをテーマに

ブログをお届けいたします☺️

 

当院の定期検診では、実際にお子様の口腔内の状態に合わせてブラッシング指導を行っております🦷

本記事より深く知りたい!お子様の口腔内で衛生士と一緒に実践してみたい!と思っていただけたら、

ぜひスマイルランドにお越しください✨

 

 

 

では早速仕上げ磨きのコツをお伝えします😊

 

 

仕上げのコツパート1☝️

 

驚かせない

いきなり歯ブラシを口に入れず、まず歯ブラシでくちびるや舌の先を刺激し、

今から歯ブラシを入れるよ」のサインを送りましょう

歯ブラシを嫌がる場合は、指やガーゼや綿棒で、くちびる・ほっぺの内側、

舌の横・先を刺激します。できたら歯ブラシでの刺激に進みます。

 

 

また、歯がはえる前から準備することもおすすめです!

口周りや口の中、舌を保護者の指で触られるのに慣れるようにしましょう🙌

日ごろからゴロン遊びや体を触ったりしてスキンシップをよくとるのも効果的です😊

 

お子様の様子に合わせて、少しずつ実践してみてください🌷